津波の被害にあわないために « 気仙沼「津波」フィールドミュージアム

津波のことを調べよう 気仙沼と津波 東日本大震災 フォールドワークに行こう

津波の被害(ひがい)にあわないためには、「たかいところに逃(に)げること」です。

チリなど、海(うみ)でつながったとおい国の地震(じしん)からおきる津波のときは、警報(けいほう)やニュースの情報(じょうほう)で、すこし余裕(よゆう)をもってにげることができますが、これからの10年間で70%の確率(かくりつ)でおきるといわれている「宮城県沖地震(みやぎけんおきじしん)」でおきる津波は、地震(じしん)のあと、30分くらいでおしよせてきます。

日ごろから地震(じしん)や津波に備(そな)えておくこと、地震(じしん)がおきたときにケガをしないようすること、その後、あわてずに、たかいところに逃げることが大切(たいせつ)です。

準備(じゅんび)しておこう

なにかあったら、すぐに逃げられるように日ごろから備(そな)えておこうね。

  • ライト(懐中電灯)
  • きがえ
  • たべもの
  • 水(みず)
  • くすり
  • ラジオ

ほかにもひつようなものがないか、みんなで考えみよう。

地震(じしん)にそなえて、自分のへやを見なおそう!

自分のへやのようすを書(か)いて、先生や友だち、家族(かぞく)と一緒(いっしょ)に、どうすればいいのかを考えてみよう。下の絵をさんこうにして、寝(ね)ているときに地震(じしん)きても、ケガをしないへやにしよう。

「家具などが倒れないように」「もし倒れてきてもケガをしないように」「ものが落ちてこないように」

地震(じしん)や津波がおこったら

  • つよい地震(じしん)をかんじたら、つくえの下などにかくれて身(み)をまもったり、海のそばからすぐににげる!
  • 地震(じしん)をかんじなくても、津波警報(つなみけいほう)がだされたら、海のそばからすぐにげる!
  • 落(お)ちてくるものでケガをするので、頭(あたま)をまもってにげる!
  • 津波は何回(なんかい)もおそってくるので津波警報(つなみ)解除(かいじょ)までは、海にちかづかない!
  • テレビやラジオ、ぼうさいむせんで、正しい情報(じょうほう)をきくこと!